税務調査の立ち会い

税理士に相続のことを相談すると、税務調査が入った場合に立会いをしてくれます。実は相続税の申告は、申告をしたらすべて完了というわけではありません。申告した方の中から30パーセントの割合で税務署の方が税務調査に入ります。

税務調査税務調査は、実際に税務調査官の方が自宅まで来て色々な事を調査します。それこそ故人と自分との関係性のチェックや相続するまでの過去、故人や自分の交友関係、故人の趣味など、質問の内容は多岐にわたります。そして税務調査の注意すべき点として、税務調査に入ったご家庭のほとんどが追加徴税といって、納めた税金にプラスする形で更に税金を納めなければならなくなります。

普通でしたら、税務調査には自分だけで立会いを行うのですが、相続税申告を税理士にお願いしている場合には、税務署から税理士に最初に立会いの連絡が入ります。電話での質疑応答で済んでしまえば立会いが必要ありません。もし、電話だけでは対応が出来ない場合には、税務調査が行われる時に税理士が一緒に立ち会ってくれます。税金に詳しいプロの方に立ち会ってもらえますので、非常に心強く安心できますし、何より追加徴税をされる可能性を大幅に減らす事ができるといったメリットもあります。

書類製作をお任せ

税理士には、相続税の申告をお願いするというのが一般的な考えかも知れませんが、仮に相続税の申告をするかどうか悩んでしまったような案件の場合でも相談に乗ってくれます。税理士の相続税の相談は、有料と無料の物があります。例えば、まだ両親が健在でも、将来的にどのくらいの相続税がかかるのかといった問題などを相談する時に、とりあえず無料相談を行って情報を収集したいという方が気軽に利用する方が増えてきています。

相続税相続税で最も重要なポイントになってくるのが、相続税がかかるのか、かからないのかという判断です。これは多くの方が間違えやすいポイントです。相続税という物は絶対にかかるものではありません。基本的には3千万円+600万円に法定相続の数を掛けた額を超える場合にかかる物になっておりますので、それ以下の場合には相続税を支払う必要はありません

つまり、相続税は相続する方の人数によって大きく異なります。3000万円が基本的な控除金額になっており、1人600万円の控除があるようになっております。例えば、相続する方が5人いた場合には、3000万円と5人×600万円となり6千万円までが基礎控除額になります。このあたりは金額が非常に大きくなってきますので、本職の税理士の方に相談した方が安心する事ができます。

税理士に相談する利点

税理士に相続を相談するメリットはたくさんあります。その中でも大きなメリットとして挙げられるのが、納税金額を抑える事ができるという事です。税理士は税のプロフェッショナルですので、正しい知識を使って相談者が損をしないように色々とアドバイスをしてくれます。

相続税特に相続する際に大きなお金が動くのが不動産です。不動産は相続税の申告をする場合には、路線価×㎡数という計算式で求めるのが一般的なのですが、プロの税理士の方にお任せすると、税務署が認めている不動産の評価額算出方法は複数ありますが、その中から、最も評価額を抑える計算式で不動産の評価額を算出してもらう事が出来ます。不動産は金額がとても大きいので、評価額の算出方法を変えるだけで、評価額を数千万も下げる事も珍しくありません。

不動産の評価額を落とす事は、そのまま相続税を納品する金額にも直結してきますので、納める税金の量を減らす事ができます。中には100万円単位で納税額が変わってくるケースもあります。勝手に不動産の評価額を下げようとしてしまうと、足りない分を追加徴税という形で後から納めなければいけなくなります。正しい評価額計算の方法から、最良の方法を選ぶ事ができる税理士に依頼するのは、それだけでメリットが大きいでしょう。

相続税の申告

両親が亡くなってしまったために、住んでいる建物や車、株券などを相続する事になった際、最も困ってしまうのが、相続する際に必要な手続きなどの知識が全くないという事です。普通の生活をする上で相続税などの情報はあまり耳にしません。当然、どこかで習う事でもありませんので、相続する際にはどれくらい税金がかかってくるのかなど、不安に思う方も多いでしょう。

申告バブルが崩壊してからは、土地や不動産などの市場価値がかなり下がってしまった事もあり、バブルの頃と比べて相続しても相続税を納めるという方がそれほど多くありませんでした。しかし、2015年に行われた法改正によって、これまで相続税を納めなくても良かった方の中からも、多くの方が納めなければならなくなりました。一部の資産家の跡取りだけが必要とされていた相続税の納税が、今では誰しもが起こりうる問題になっています。

相続税の申告は、専門的な知識を持っている方でも厄介な問題です。当然、これまで相続について詳しく知らなかった一般の方にとっては、相続税については全く歯が立たない問題で、少しインターネット上の情報を収集したからといって、直ぐに申告できるような簡単な内容ではありません。

そんな時にぜひ頼ってもらいたいのが、税のプロフェッショナルである税理士の存在です。こちらのページでは、これまで相続税について詳しく知らなかったという方でも、相続税を申告するのに必要な書類を揃える事ができるようにアドバイスをくれたり、相続の手助けをしてくれたりする税理士の魅力について紹介します。