相続税の申告

両親が亡くなってしまったために、住んでいる建物や車、株券などを相続する事になった際、最も困ってしまうのが、相続する際に必要な手続きなどの知識が全くないという事です。普通の生活をする上で相続税などの情報はあまり耳にしません。当然、どこかで習う事でもありませんので、相続する際にはどれくらい税金がかかってくるのかなど、不安に思う方も多いでしょう。

申告バブルが崩壊してからは、土地や不動産などの市場価値がかなり下がってしまった事もあり、バブルの頃と比べて相続しても相続税を納めるという方がそれほど多くありませんでした。しかし、2015年に行われた法改正によって、これまで相続税を納めなくても良かった方の中からも、多くの方が納めなければならなくなりました。一部の資産家の跡取りだけが必要とされていた相続税の納税が、今では誰しもが起こりうる問題になっています。

相続税の申告は、専門的な知識を持っている方でも厄介な問題です。当然、これまで相続について詳しく知らなかった一般の方にとっては、相続税については全く歯が立たない問題で、少しインターネット上の情報を収集したからといって、直ぐに申告できるような簡単な内容ではありません。

そんな時にぜひ頼ってもらいたいのが、税のプロフェッショナルである税理士の存在です。こちらのページでは、これまで相続税について詳しく知らなかったという方でも、相続税を申告するのに必要な書類を揃える事ができるようにアドバイスをくれたり、相続の手助けをしてくれたりする税理士の魅力について紹介します。