税理士に相談する利点

税理士に相続を相談するメリットはたくさんあります。その中でも大きなメリットとして挙げられるのが、納税金額を抑える事ができるという事です。税理士は税のプロフェッショナルですので、正しい知識を使って相談者が損をしないように色々とアドバイスをしてくれます。

相続税特に相続する際に大きなお金が動くのが不動産です。不動産は相続税の申告をする場合には、路線価×㎡数という計算式で求めるのが一般的なのですが、プロの税理士の方にお任せすると、税務署が認めている不動産の評価額算出方法は複数ありますが、その中から、最も評価額を抑える計算式で不動産の評価額を算出してもらう事が出来ます。不動産は金額がとても大きいので、評価額の算出方法を変えるだけで、評価額を数千万も下げる事も珍しくありません。

不動産の評価額を落とす事は、そのまま相続税を納品する金額にも直結してきますので、納める税金の量を減らす事ができます。中には100万円単位で納税額が変わってくるケースもあります。勝手に不動産の評価額を下げようとしてしまうと、足りない分を追加徴税という形で後から納めなければいけなくなります。正しい評価額計算の方法から、最良の方法を選ぶ事ができる税理士に依頼するのは、それだけでメリットが大きいでしょう。