書類製作をお任せ

税理士には、相続税の申告をお願いするというのが一般的な考えかも知れませんが、仮に相続税の申告をするかどうか悩んでしまったような案件の場合でも相談に乗ってくれます。税理士の相続税の相談は、有料と無料の物があります。例えば、まだ両親が健在でも、将来的にどのくらいの相続税がかかるのかといった問題などを相談する時に、とりあえず無料相談を行って情報を収集したいという方が気軽に利用する方が増えてきています。

相続税相続税で最も重要なポイントになってくるのが、相続税がかかるのか、かからないのかという判断です。これは多くの方が間違えやすいポイントです。相続税という物は絶対にかかるものではありません。基本的には3千万円+600万円に法定相続の数を掛けた額を超える場合にかかる物になっておりますので、それ以下の場合には相続税を支払う必要はありません

つまり、相続税は相続する方の人数によって大きく異なります。3000万円が基本的な控除金額になっており、1人600万円の控除があるようになっております。例えば、相続する方が5人いた場合には、3000万円と5人×600万円となり6千万円までが基礎控除額になります。このあたりは金額が非常に大きくなってきますので、本職の税理士の方に相談した方が安心する事ができます。